トップ / 工業で必要な技術を学ぶ

工業労働に高学歴は要らない

学校の勉強やデスクワークが苦手でも、物造りの好きな人ならば工業労働者が向いています。なぜなら、働くのに高い学歴がなくても良いからです。もちろん、高学歴の人も活躍していますが。工場や工事現場などで働くのにも、ある程度の知識や経験が必要ではありますが、現場監督などでなければ大学卒でなくても十分です。工業高校卒業ぐらいの学歴があれば大抵の場所で働けます。普通科高校卒の人は専門学校に行って技術力を磨けば即戦力になれますし、中学卒でも訓練校などで働き方を覚えられます。

二次産業の鉱業について

二次産業の一つとして鉱業があります。一次産業に分類されることもあるそうですが、少なくとも日本では二次産業に分類されています。具体的には、鉱物などの地下資源を取り出す産業を指します。金属などの資源や、石油や石炭などの化石燃料などを採掘するのが主な仕事です。その歴史はと言うと、先史時代からすでに利用されていて、採掘が行われていましたし、貴重な資源として流通していたのですから、人類とともにあった産業だとも言えるでしょう。

© Copyright 将来を見据えた工業知識. All rights reserved.