トップ / 環境のための工業とは

環境問題における工業の活躍

今後、工業はますます発展していくこと間違いないのです。なぜなら今もっとも必要とされているのは自然エネルギーだと言われています。環境問題から太陽光発電が大きな注目を集めていて、もし自宅を一戸建てにするのなら屋根は発電用パネルをつけるほうがいいかと思います。電気料金も安くなり、余った電気は売れるからです。なんとも羨ましい話ですね。最近ではマンション用の小さなパネルもあり、これでも電気は貯めることができて、携帯充電器の充電等、電力の小さなものであればこのパネルを使用することができるのです。太陽光発電は世界で前年比35%増と右肩上がりの状態で、5年前の2007年に比べ約16倍もの急激な拡大となっています。なのでしっかりした環境問題に役立つ工業を早く確立しなければならないのです。

環境問題に必要なエテルギー

現在の日本は環境問題が重要視されていて、この問題に欠かせないのが再生可能エネルギーなのです。再生可能エネルギーとは、非化石エネルギー(石油、石炭等の化石燃料を使わないもの)のうち、エネルギー源として永久的に利用出来るものなのです。具体的には太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、バイオマス等であり、原子力はウランを使用するため限りがあるので、再生可能エネルギーとはいえません。問題は設備の価格が高いことと、電力の安定した供給がむずかしい(自然に左右される)ことだと言われています。これが今の日本の工業がなかなか進まない原因なのです。しかし、将来はほとんどが再生可能エネルギーにかわっていく方向にあり、今後この分野の工業は発展していくはずです。

© Copyright 将来を見据えた工業知識. All rights reserved.